FC2ブログ

わすれな草、浮かれて

ショート9「鬼の居る間に」

鬼の時間になった。

人間界は、丑三つ時を、
迎えたばかりである。

待ってましたとばかりに、
その図体に反して、その鬼は、
身軽に、屋根を飛んでいる。

ポーン。
ポーン。

そして、最後の弧を描くと、
宙返りをして、地面に到達した。

「見事だね!」

その言葉と同時に、
パチパチと、手を打つ音がした。

「え?」

自慢げに、手を広げた格好の鬼は、
その手を、さっと下ろした。

鬼の前に居たのは、
まだ年端もいかぬ童であった。

「なんで、人間がいるんだ?
しかも、真夜中だぞ。何故、童が。。。」

「ボクにも分からないんだ。
それより、カカ様は何処にいったの?」

「え?」

同種としか話をしてこなかった鬼である。
疑問の海の中で、今にも溺れそうだ。

「ボク、迷子になったみたいで、
カカ様をずっと探しているけど、
ずっと見つからないの。
ボクが悪い子だから?
ずっと、このままボクだけ。。。」

既に、童の目は涙で塞がれている。

一方、鬼は、そこに立ち尽くし、
狼狽の花を咲かせている。

「こんな時、どうすればいいのだ!」
鬼の手の中には、その処方箋が無い。

ギィー。
ギィー。

その音が、静かに聞こえてきた。

闇夜に灯る、ほの明るい光を、
引き連れて、舟が近づいてきた。

ギィー。
ギィー。

韓紅(からくれない)の傘をさした、
女人らしき人間が乗っている。

一目で、それと分かると、
童は駆け出し、舟へと近づいていった。

「カカ様。。。」
ただ泣きじゃくるばかりの童。

その紅葉のような手を引き寄せると、
優しく抱きしめ、両の手で童の顔をおおった。

しばらくして、鬼の方に向かって、
舟の上から、軽く会釈をすると、
童を懐に抱いたまま、闇の中へと、
その舟は、消えていった。

ギィー。
ギィー。

鬼は、立ち尽くしたまま、
その音が無くなるまで、闇に耳を傾けていた。

「これは、夢なのか。。。」

人間の、時を告げる鳥の声。

鬼は、姿を消したようである。
スポンサーサイト

ショート8「換わり雛」

「桃の花まで飾ると、
それらしくなるわね」

「うん。緋毛せんの赤も効いてるし!
でも、その分、人形たちの色褪せ具合が、
若干、際立つ。。。かもね。。。」

「そうね。。。
随分、出していなかったから」

この部屋に居るのは、
成人を迎えたばかりの娘と、
その母親の二人であった。

「少し防虫剤の匂いが気になるわ。
ちょっと窓を開けてくれる?」

「分かったわ、ママ」

まだ冬の香りを残す風が、
窓の隙間から、この部屋に入ってきた。

風が人形の頬をかすめた時、
その両の目はカッ!と見開いた。

「ちょっと、娘さんの身体を借りるわよ。
長い間、人形の中だけなんて、真っ平よ!」

隣で、横たわっている、母親の姿態は、
人形のそれへと変化していった。

「では、お二人は、雛壇に!
傍から見ているのと、実際、こうやって、
置かれた立場から見る風景は、
随分、違うんじゃないかしら。。。」

おぼつかない手で、二体の人形を、
何とか置いた直後であった。

きゃああああああ。。。

娘の姿になったばかりの彼女は、
立ち上がることさえ、ままならず、
雛壇の前で、転倒してしまった。

窓から流れてくる、春とは名のみの風が、
すっかり部屋の温度を、
外気と変わらなくさせている。

ふふふふ。。。
ふふふふ。。。

二人の声が、風と交差した。

(僅少の推敲+加筆あり♪@2/24)

ショート7「音偽話」

りーん。

森の入り口に置かれてある鈴に、
誰かが触れた音であった。

その音は、静かな森の木々に、
次々にぶつかると、あっという間に、
ウサギのところへと渡っていった。

「ん?何だこの形は。。。」

それが辿り着いた頃には、その音は、
金平糖を歪にした形に変化していたのだ。

最初の形を見ているわけではないのだが、
今までやってきた音は、大抵、その中身を露呈し、
それが音だと、直ぐに理解出来るものであったから、
今回は、ウサギの方も、困惑するというものである。

「この音。割るわけにはいかないのか。。。
そうじゃないと、中身が本当に音なのかどうか、
分からないじゃないか。。。」

切り株の上に置いて、ウサギは途方に暮れていた。

カアー。カアー。

「夕景にカラスは、なんて映えるんだろう」

そんな事を思いながら、日は暮れなずみ、
ウサギの心と同調しているようだった。

「ん?そんな時間なのか?」

金平糖の衣を着けた音は、切り株の上で、
いつの間にか、溶け出したようで、
その痕跡だけを、滲みこませていた。

「変だぞ、何かが変だ!
ボクは、まだ、朝ごはんを食べてないぞ!」

ウサギは、几帳面な性格であった。
おもむろに、鎖で繋がれた先に目をやった。

「やっぱり。まだ、朝じゃないか。。。」

懐中時計に刻まれた時間は、確かに朝を示していた。

「ははは。。。バレちゃ仕方がないな。
俺様は、さっきの金平糖の中身だ。
本当の姿はこれだ。お前とは会うこともなかろう」

そう言うと、白い羽を持った鳥は、
本来の真っ青な空へと、その翼を広げ、
山の方へ飛んでいってしまった。

「あの鳥。。。サギじゃないのか。。。」

ググググゥーーー。

空腹の虫が、そろそろ目を覚ます時間であった。

ショート6「重い煮込み」

匂いにつられて、森の奥深く入ってみると、
真冬の澄み切った光が、辺りを照らしていた。

テーブルに置かれた、一枚の皿。

幾重にも連なった光は、木漏れ日と相まって、
そこここに、モザイクのデザインを施していた。

「いい匂いだ。。。」

カトラリーなど何も無いものだから、
皿を直接口に当てるしか、飲む術がない。

迷うことなく、その液体を飲み干し、
あごを何回も動かし、咀嚼しては、飲み込んだ。

「ん?何だ、これは。。。」

「はははは。。。」

その嫌味に調理された、笑いが、森にこだました。

「スープとでも思ったのか?」

光に透けるような、絹糸のような髪をかきあげ、
こちらに向けた顔は、鬼の設えであった。

「俺様、特性の、煮込み料理だ!」

「この、どこが煮込みなのだ!!!
ただの、甘く、固い、ケーキではないか!!!」

その顔は、唐辛子のように、真っ赤で、
どちらが、赤鬼なのか、見紛うくらいであった。

「勝手に、そなたが、間違えただけで、
とばっちりを、こちらが受ける覚えはないわ!」

そうやって、振り下ろした金棒に、
咄嗟に、その男は、身体を避けようとしたが、
己の身体は、重石と化して、微動だにしない。

「なんだ。これは。。。一歩も動か。。。」

「はははは。。。その格好、面白いな。
まるで、神々のようにドッシリと立っているな。
あはははは。。。面白い!面白い!」

ブーン。

「ん?これ、どうなってんだ?」

確かに、その金棒は、男を貫いたハズなのだが、
空を斬る音だけが、辺りの森を震わせている。

ブーン。
ブーン。

すると、光に包まれた、その森の上には、
積乱雲が、徒党を組んで、忙しそうに、
雷を背に、獅子の咆哮をあげていた。

「そこのもの。その金棒を返せ!」

目の前に現れたのは、風の神であった。

「勝手に、人のものを盗むとは何事ぞ!
わがもの顔で、何をしておる?」

笑いは凍りつき、二人は同じ格好をしている。

風の神は、その森へと降り立つと、
その姿を、じっくり凝視した。

「どっちもどっちじゃ。狸と狐ならぬ、
赤鬼と青鬼の化かしあいとは。。。稀有な風景よのー。
思い込みの成せる業じゃな!あっはっはっはっ。。。」

鬼の手から取り戻した金棒を、
数回上下に動かすと、風の絨毯が現れ、
それに乗って、風の神は、雲の上へと消えていった。

「あれ、風来棒だったのか。。。
だから、身体を素通りしていたのか。。。」

二人の鬼は、森の倒木の上に、力なく腰を下ろした。

ショート5「沈黙星」

「ここは、美味しいもので、溢れてるんですよ」

ベテランガイドのシンシアは、豊満な胸を、
さらに突き出して、自慢していた。

「そうなんですか。。。」

そう言うのは、何でも懐疑的に物事を捉える癖のある、
太陽系の第三帝国の王子であった。

所謂、お忍びで、地球旅行にやってきたわけだが、
流暢な言葉は、旅なれた、生意気の息も漂わせていた。

「王子、今回の旅の目的は何ですの?」

この言葉は、何処に行っても耳にするので、
正直、うんざりしていたのだが、隣に居る、
お世話係の爺の目線が、鋭いことに気がつくと、
ゆっくりと、シンシアの方に顔を向けた。

シンシアは、プライドも高いのか、
頷くふりだけをすると、ホテルのシェフを呼び、
シェフにお任せ致しますわ!と口早に言った。

「かしこまりました。お任せ下さい。
最高のものをお持ちいたしますから。。。」

深々と頭を下げると、静かに退室していった。

その間、爺は、小声で王子に耳打ちしていた。

「若、先ほど、なんと仰られたのですか?
私は、耳が遠くなったせいか、聞こえませんで。。。」

「いや、僕は何も話していないよ。ただ口を動かしただけさ。
異星人って、こういう時、便利だね。それよりも、
お腹空いたから、早く、食事にしたいな、爺!」

シンシアは、満足げに、こちらを見ている。

「午後から、とっておきの場所に、ご案内しますからね!」

いい香りのスープが運ばれてきた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。