FC2ブログ

わすれな草、浮かれて

情景

感情の波間に、世間を見ている。

いつかは終焉がくる。

なのに。。。

この波立つ海に、
一人静かに、佇んでいる。

時折、飛沫が、
こちらに飛んでくる。

なんだろう。これは。

何かの前兆なのだろうか?

得体の知れぬ、夜汽車に乗って、
星の海を彷徨っている。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mizukinovel.blog.fc2.com/tb.php/18-52250b1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。