FC2ブログ

わすれな草、浮かれて

没頭

没頭できずに、ぼぅーっとしている。

何十年来の音楽好きは変わらず、
不眠の海で、音符のゆりかごに、
身体を預け、朝を迎えた。

頭の片隅に今も残っている、
いつか見た夢の欠片達。

時空に閉じ込められた、
確かにあった風景の数々。

それらの居場所を求めて、
風の旅に出たのは良いけれど、
なかなか、このハグレ雲は、
落ち着く暇がない。

今日も、散り散りになり、
空蝉の狭間に、消えていく。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mizukinovel.blog.fc2.com/tb.php/24-1206a036
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。