FC2ブログ

わすれな草、浮かれて

心情

ショート8「換わり雛」は、
本当は、ホラーな味付けにしたかったのだけれど、
姫君たちの桃の節句には、全然似つかわしくないなって、
そう思えたから、その路線は廃線にしてしまった。

私の中には、ホラーの思考が少なからずある。

それは、何かのアンチテーゼだったり、
悲しさや、ままならぬ様だったり。。。

それこそが描きたい、真骨頂なのだけれど、
いかんせん、それを実行しようとすると、
我が家で、不思議な現象が起こってしまう。

そんな事が続いた、ある日。

かつて執筆中だった小説をデータごと、
とうとう、消去してしまったのである。

その話の表現は、殊更、エグいものであったから。
(この部分はアップしないまま、フェードアウト!)

結局、数年前にホラーを封印してしまったのだが、
たまに、イバラカンザシの様に、
ひょっこり、出たり入ったりを繰り返している。

で、そこには、消去した小説の中で、
話の中心を成す少女の姿もある!!!

「あの子を表舞台に何とか立たせたい!」

そんな親心のようなモノがある。

「あのまま封印なんて。。。あんまりだ!!!」

それ故、何時か、全然違う手法で、
彼女の心は、そのままに、デビューさせたいと、
密かに、目論んでいるのだ。

取りとめもない、まとまらない頭で、
バミューダ・トライアングルよろしく、
方向が定まらず、難儀の地球儀を回している。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mizukinovel.blog.fc2.com/tb.php/26-74c3333e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。